契約する際に必要な書類 

月極駐車場といっても、平面駐車場・自走式駐車場・機械式駐車場など形態は様々あります。また、自動車の大きさや屋内外、セキュリティなどの設備によっても駐車場は変わっていきます。
まず、駐車場が近くにあるかどうか調べる必要があります。わざわざ不動産屋や現地に行かなくても、インタネットで一斉検索できます。そこで駐車料金や管理会社の情報などを調べることが出来ます。気に入った駐車場が見つかれば管理会社(不動産屋・大家)に連絡して、実際の空室状況や賃貸条件を確認します。駐車場の申し込みをしたら管理会社の審査が通れば借りることが出来ます。


月極駐車場を借りる際の必要書類は、管理会社により異なりますが、一般的には、運転免許証・車検証で済むことが多いですが、中には住民票・印鑑証明書などを求められる場合もあります。
車庫証明を取得さするために、月極駐車場を短期間だけ借りたいという方がいますが、最低賃貸期間を設けているとこが多く、そのため、早期解約した場合は違約金として最低賃貸期間分の違約金を請求されます。
管理会社には、通常、契約手数料として賃料の一ヶ月分を支払うケースが多いです。
駐車料金は安いに越したことはありませんが、自動車を毎日使う方は、自宅から近く、自動車の盗難装置が発生した場合に直ぐ対応できる距離にあることが望ましいです。

Filed under: 未分類 — parking 5:09 PM

意外と見落としがちな注意点

椅子と観葉植物月お金を支払って月極め駐車場を借りるのであれば、使いやすいような場所で借りるようにしたいものです。
注意点としてあるのが、停めやすい場所かどうかというのがあります。
もしも一台分のスペースが狭いような場所の場合は、隣の車との距離が近くなってしまいますので駐車しにくくなってしまいます。
何とか駐車できたとしても、その後車から降りる時にもドアを開けづらくなってしまい、乗降がしにくくなるでしょう。
それだけではなく隣との距離が近いことによって、車をぶつけてしまう可能性が高くなります。


車を自分がぶつけなかったとしても、相手がぶつけてくるかもしれませんので、傷が入ってしまうかもしれませんので、出来るだけ一台分のスペースが広い場所を選んで借りるようにした方がいいと言えます。
そして無断駐車をされにくい場所で借りるようにしたいものです。
近くに店舗があり駐車場がないような場合には、無断で止められてしまう可能性が高くなります。
いざ自分が停めたい時に停めることが出来なければとても不便になってしまいますし、その度にトラブルになってしまうようでは面倒ですので、そういった事が起こりにくい場所を選ぶようにしなくてはなりません。

Filed under: 未分類 — parking 5:08 PM

コストを重視する人へ

自宅に車を停めることが出来ないのであれば、どこかに駐車場を借りるようにしなくてはなりません。
コストを考えるのであれば、少しでも安い月極め駐車場を探すようにしてみるといいでしょう。
自宅から少しでも近い場所に駐車場があれば便利に利用することが出来ますので、探してみなくてはなりません。
出来れば自宅から100メートル以内ぐらいにある場所であれば、荷物の出し入れをしたりするのにも便利ですので、その範囲内で探したいところです。


しかしその距離では値段的に高いという事なのであれば、もう少し範囲を広げて探すようにしてみましょう。
そして経済面を考えるのであれば、条件が少しくらい悪くても妥協して借りるようにした方が良さそうです。
例えば屋根つき駐車場ではないとか地面がコンクリートではないといった風に、少し条件を下げることで数千円代わってくるような場合もあります。
一月に3000円も違うようであれば、年間では36000円もの差が出てくるようになります。
それだけのお金があれば税金を支払う時の足しにすることもできるようになりますので、あまりいい条件にこだわりすぎないようにして、少しでも安い所で借りるようにした方がいいでしょう。

Filed under: 未分類 — parking 5:08 PM

防犯面を重視する人へ

椅子と絵画と花極め駐車場を選ぶのであれば、どこを重視して借りるのかを考えてみましょう。
コスト面で考えるとか、使い勝手の良さで選ぶなどいろんな理由があります。
しかし車を停めるのであれば、安全な場所に停める方がいいですので防犯面を考えて駐車場を借りるようにするといいでしょう。
まず駐車場の場所としては、人通りの多い場所にある方が安全です。
人目に付きやすい場所であれば、多くの人の目があることによって犯行をしにくくなりますので狙われにくくなります。
その他にも薄暗い場所は避けるようにしましょう。
薄暗い場所の場合は何をしていても人目に付きにくくなりますので、車に傷を入れられてしまったり車上荒らしにあってしまう可能性が高くなるのです。


駐車場を借りる時のポイントとしては、人目に付きやすい場所かという所を重視するようにしましょう。
人通りもなく薄暗いような場所は、とても狙われやすくなってしまいます。
いくら駐車料金が安い駐車場であったとしても、被害にあってしまえば結局高くなってしまうことになるでしょう。
修理費用が掛かるだけではなく精神的なダメージもおうことになりますので、安全面を重視して駐車場は借りるようにしておくことを考えなくてはなりません。

Filed under: 未分類 — parking 5:08 PM

選び方を工夫しよう

月極駐車場の選び方として最も重要なのは、「自宅に近いこと」です。
あまり離れた場所にあると、車に乗りに行くだけで体力を消耗してしまいます。
もし、近い場所に空きがなかったら、予約しておくとよいでしょう。
次に重要なのは、「金額」です。
基本的に、安いほうがいいですが、まずは周辺地域の相場をチェックしておいたほうがよいでしょう。
高すぎるのは論外ですが、安すぎる場合も何か裏があることが多いからです。
相場を把握しておけば、提示された金額が高いか安いかということを判断できます。
三つ目のポイントは、「車の出し入れがしやすいこと」。
出入り口が狭ければ、当然ながら出し入れが困難ですし、「駐車スペースが狭い」「隣の車との間隔が狭い」という場合も、移動は困難になります。


ですから、出入り口や駐車スペースの広さはしっかりチェックしておきましょう。
そして、「セキュリティ」も重要です。
人通りのある道に面している駐車場であれば、車上荒らしに遭う確率も低くなります。
車上荒らしが起きやすいのは、「街灯が少ない」「人目に付きにくい」という場所なので、そういう所にある駐車場は避けたほうがよいでしょう。
また、防犯カメラが設置されている駐車場であれば、より安全性が高くなります。

Filed under: 未分類 — parking 5:07 PM

機械式駐車場のメリット・デメリット

駐車場と一言でいっても、そのタイプは複数あります。駐車場のタイプは、主に三つにわかれます。平面を利用した平面式駐車場、建物の一階部分や地下の部分によくある駐車場です。設備の中を自動車を運転して移動する自走式駐車場、平面駐車場ににていますが、一階部分だけではなく複数階あるのが特徴的な駐車場です。最後のタイプが機械を操作して車体を移動させ駐車する機械式駐車場、とまっている車の上に、仕切りを隔ててまた別の車がとまっているというようなタワー形式が多い駐車場です。


 

車を所有している方は、駐車場を借りておいている方が多いでしょう。毎月の駐車代金を安くすませたいと思う方には、平面式や自走式の駐車場よりも機械式の駐車場の方が賃料が安いので、機械式のタイプを選ぶとお得です。また、こちらのタイプの駐車場がお得な点として、車体が機械の中におかれるのでセキュリティ性の部分が高いというのもおすすめです。治安が悪い地域にお住まいの場合には、機械式の方が安全です。

ただし機械式の困った点としては、車の出し入れに時間がかかるということもあります。朝の忙しいときなどは、早めに出たいのに機械式のために、そうはいかないといった問題も起こってしまいます。メリットをとるかデメリットをとるか、よく考えて機械式を借りるか検討しましょう。

Filed under: 未分類 — parking 5:07 PM

自走式駐車場のメリット・デメリット

自走式駐車場は、車椅子03に乗ったまま駐車場の中を走行して駐車をする形式のものです。お店やデパート、マンションの地下や別棟に多く設けられています。メリットは、駐車の台数が確保されるところです。屋根があるところなら雨のときは濡れません。雪のある場合は屋根つきの場合は雪かきが不要です。比較的、入庫にも時間がかからないので利点になります。メンテナンス費用も安くすみます。照明や修繕費程度です。耐久性もあるので更新も長期間が期待できます。車の高さや幅も、ある程度融通がききます。それに、車の重量も比較的制限は少ないほうです。
このデメリットは、建設する際に費用がとてもかかるということです。そして、ある程度の土地がないと駐車できる車の台数が少なくなってしまします。


デパートや集合住宅の駐車場には、とても理想的なものです。まとまった広さがあるならば、既存の場所に後から設置することもできます。そのため、公団などでこの形式の駐車場を新たに造るところがあります。鉄筋コンクリートまたは鉄骨などの、建設費は必要です。平置きのものとの違いというのは、2階や3階建てなど、立体的になっていることが特徴です。
このように、メリットやデメリットはあります。

Filed under: 未分類 — parking 5:07 PM

平地駐車場のメリット・デメリット

月極椅子02め駐車場を借りるのであれば、一度借りれば当分は借り続けるようになります。
せっかく借りたというのに使い勝手が悪いという事から何度も借り直すのは手間がかかってしまいますので、借り直さなくてもすむようなところを探すようにしなくてはなりません。
駐車場の中でもよくあるのが平地駐車場ですが、ここにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
まずメリットとしてあるのが、すぐに乗り込んで出発できるという点があります。


もしも機械式などの駐車場となると出庫するまでに数分必要になる場合もありますので、急いでいるときなどにはとてももどかしく感じてしまいますが、平地の場合であればそういったもどかしさを感じなくてもすむようになります。
デメリットの点としては、屋根が付いていないという点があります。
屋根が付いていないとなると雨ざらしの状態になってしまいますので、車にとってはいいことではありません。
そして雨の中荷物の出し入れが不便になるという点があります。
重たい荷物をのせたりするときにも雨が降っている中で行っていると、荷物は濡れることになりますし自分も濡れてしまうことになりますので、デメリットになると言えるでしょう。

Filed under: 未分類 — parking 5:06 PM

駐車場にも様々な種類と形があります

自家用車は、どこにでも好きな場所に駐車して良いわけではありません。書類で申告した場所に駐車する必要があるからです。その場所選びを始める前に、駐車場の種類と形を学ばれることを推奨します。全国各地に駐車場と呼ばれるスペースはありますが、その属性や形には特徴があるからです。駐車が得意ではない方が狭い場所に決めてしまうと、毎日の運転が苦痛になりかねません。自己の運転特性に合わせた駐車場選びをするためにも、よく考えた上で決定することが望ましいというわけです。まず、駐車場には屋内型と屋内型の2つがあります。


前者は所謂青空駐車と呼ばれる形式で、屋根が付いていないことが大半です。後者では、雨風を防ぐ屋根が標準装備されています。太陽光で周囲が明るく照らされるので、駐車がしやすいのは屋外型です。屋内型は少々窮屈感がありますが、車に付着する汚れをシャットアウトできます。料金体系は、屋根や車の汚れを守る設備が備え付けられてない屋外型の方が割安ということが多いです。言わば、屋外型は運転免許を取得したばかりの初心者におすすめで、屋内型は運転技術に自信がある上に愛車を外からのダメージから守りたいと考えている方に有効です。

Filed under: 未分類 — parking 8:19 AM