駐車場にも様々な種類と形があります

自家用車は、どこにでも好きな場所に駐車して良いわけではありません。書類で申告した場所に駐車する必要があるからです。その場所選びを始める前に、駐車場の種類と形を学ばれることを推奨します。全国各地に駐車場と呼ばれるスペースはありますが、その属性や形には特徴があるからです。駐車が得意ではない方が狭い場所に決めてしまうと、毎日の運転が苦痛になりかねません。自己の運転特性に合わせた駐車場選びをするためにも、よく考えた上で決定することが望ましいというわけです。まず、駐車場には屋内型と屋内型の2つがあります。


前者は所謂青空駐車と呼ばれる形式で、屋根が付いていないことが大半です。後者では、雨風を防ぐ屋根が標準装備されています。太陽光で周囲が明るく照らされるので、駐車がしやすいのは屋外型です。屋内型は少々窮屈感がありますが、車に付着する汚れをシャットアウトできます。料金体系は、屋根や車の汚れを守る設備が備え付けられてない屋外型の方が割安ということが多いです。言わば、屋外型は運転免許を取得したばかりの初心者におすすめで、屋内型は運転技術に自信がある上に愛車を外からのダメージから守りたいと考えている方に有効です。

Filed under: 未分類 — parking 8:19 AM