自走式駐車場のメリット・デメリット

自走式駐車場は、車椅子03に乗ったまま駐車場の中を走行して駐車をする形式のものです。お店やデパート、マンションの地下や別棟に多く設けられています。メリットは、駐車の台数が確保されるところです。屋根があるところなら雨のときは濡れません。雪のある場合は屋根つきの場合は雪かきが不要です。比較的、入庫にも時間がかからないので利点になります。メンテナンス費用も安くすみます。照明や修繕費程度です。耐久性もあるので更新も長期間が期待できます。車の高さや幅も、ある程度融通がききます。それに、車の重量も比較的制限は少ないほうです。
このデメリットは、建設する際に費用がとてもかかるということです。そして、ある程度の土地がないと駐車できる車の台数が少なくなってしまします。


デパートや集合住宅の駐車場には、とても理想的なものです。まとまった広さがあるならば、既存の場所に後から設置することもできます。そのため、公団などでこの形式の駐車場を新たに造るところがあります。鉄筋コンクリートまたは鉄骨などの、建設費は必要です。平置きのものとの違いというのは、2階や3階建てなど、立体的になっていることが特徴です。
このように、メリットやデメリットはあります。

Filed under: 未分類 — parking 5:07 PM